スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
国宝薬師寺展のサイトより
2008-05-03 Sat 22:50
「国宝 薬師寺展」のサイトのトピックスに、イベントレポートがupされています。
****************************************************************************
河村隆一さんと安田管主の開催記念トークショーを開催!

4月25日(金)、東京国立博物館・平成館でアーティストの河村隆一さんと
薬師寺管主の安田暎胤さんによる開催記念トークショーが開かれました。

アーティストとして人生を歩む中、「自分は一人で生きているのではないと気づいた」という河村さん。「昔は信仰について何も語ることができなかった。でも今は違う」と河村さんが考えを改めたのは、昨年5月に薬師寺で開催されたライブ『Present Tree Live ~音楽の力で森をつくろう~』への出演がきっかけでした。このライブを縁に、薬師寺と交流を持つようになった河村さんは、昨年12月に再び薬師寺を訪れます。そこで彼が見たものは、金堂修復と「国宝 薬師寺展」への出展のため、光背が取り外されたばかりの日光・月光菩薩立像でした。「大きな背中だな」という印象を持った河村さん。光背を取り外し、人々を包み込むような背面をあらわにした日光・月光菩薩立像を見て、深い感動を覚えたとのことです。

また安田管主は、『Present Tree Live ~音楽の力で森をつくろう~』で初めて河村さんに会い、多くのファンを魅了する姿に驚いたとのこと。かつては雅楽や伎楽など、盛んに芸能が行われた薬師寺での開催となったこのライブを、「若い人々が心に触れ合える場所をつくりたい。1年後、2年後も続けていかなければ」と語りました。安田管主ご自身のご息女が、河村さんの大ファンであることを紹介し、会場を沸かせる場面もありました。

薬師寺展について河村さんは、「薬師寺は、日本人の純粋な気持ちを取り戻せる場所。その場所に1300年も昔からある名宝を展示している展覧会にも是非、足を運んで欲しい」とその魅力を語りました。

万燈会が開催され、多数の灯明が見る人々を優しく包む会場で、河村さんと安田管主の世代を超えたトークは、聴講者380名に本展の魅力を存分に伝えました。
*****************************************************************************

4/11に開催された、石井さんのトークショーのレポも載っていますね。
別窓 | イベント | コメント:0 | top↑
<<「from RK」 更新&メディア情報 | *親愛* | 写真集とBSフジの感想 (その1)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| *親愛* |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。